1988 -- 東京で生まれる
2011 -- New York University美術学士を優等で修了
2014 -- 初個展「kokotama bosatsu」開催 (北青山)
2015 -- 北鎌倉へ拠点を移し、 北鎌倉kokotama galleryオープン
2015 -- 「月鏡-tsukikagami-」展、個展「千早振る」開催( kokotama gallery)
2015 -- 東慶寺ギャラリー&ショップにて作品"たまゆら"を展示販売
2015 -- イスムの仏像ワールドの催事「新しい祈りのかたち」 (松坂屋名古屋店)
2015 -- ネパール ゴールデンテンプル(黄金寺院)奉納
2016 -- インド舞踏家の小野雅子 x 木綿花 コラボレーションイベント "天地 水の元" (円覚寺山内 佛日庵)
2016 -- 木綿花展 「水の元」 (イスム 仏像ワールドギャラリー)
2017 -- 寺カフェ代官山 店内内装デザイン
2017 -- 「心に響く現代の仏像・仏画展」 (京王プラザホテル)
2017 -- 木綿花展「息吹」(イスム 仏像ワールドギャラリー)
2017 -- 「観音の光耀」(香老舗 松栄堂 京都本店)
2017 -- 浄住寺観音様 「慈しみ咲く」 依頼制作(京都 葉室山 浄住寺)


東京都で生まれる。

ファッション業界で活躍していた両親のもと、クリエイティブな環境で育ち、大学では様々な感性に触れ、自分の世界観を広げたいという思いから芸術学部で絵を専攻する。

一年目はBOSTON UNIVERSITYで学び、二年目からNEW YORK UNIVERSITYへ編入。
2011年、Bachelor of Fine Arts (美術学士) を習得しNEW YORK UNIVERSITYを優等で卒業。

大学を卒業後、日本へ帰国してからは、デザイナーやイラストレーターなどとして活躍していたが、絵への想いが強くなっていくのを感じ、2013年、画家として歩んでいくことを決意し、初めての個展を開催する。

日本を離れ、海外生活を経て、今までとは違う視点で日本を見つめる機会に触れ、改めて日本の伝統や文化に魅せられる。人々に長く愛され大切にされてきた観音様、そして古くから伝わる祈りの心に感動し、その心に響く絵を描きたいと感じたのをきっかけに、仏教という概念を超えた、一人一人の自由な感性で感じてもらえる観音様の作品を中心に独特の色彩とデザイン力で観音様の絵を描き始める。

絵画だけにとどまらず、kokotama(心珠)という木綿花自ら生み出したユニークな立体作品の制作にも力を入れている。kokotamaとは、“心を素直に映し出す美しい一粒の珠”という意味からつけられており、宝珠の形をした木の珠(たま)に絵が描かれている。
見て楽しむだけでなく、手で包んで眺めたくなるそんな作品であって欲しいという思いから大切に一つ一つ心を込めて制作されている。