カミナリ神鳴り

昨日の夜、関東では雷が大暴れでしたね!

 

 

 

雷で思い浮かぶ日本の神様というと、

 

武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)

武甕雷男神、建御雷之男神、などと雷という漢字を使った名前でもよく表されているのを見かけます。

 

鹿島神宮の主祭神でもあり、武道の神様で有名ですね。

 

 

ってな事で。

武甕槌大神さんが祀られている鹿島神宮へ初めて行った時の事を書かせていただきます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

6月6日の早朝、

 

しとしと静かで細かい雨が降る日。。。

 



鹿島神宮で行われる奉納式に参加するため、やってきましたー。

 

          *東京駅からバスですぐ行けちゃうんですね!

 

 

 

この日は、

夢黄櫨染(ゆめこうろぜん)で知られる染師の奥田裕斎先生にお誘い頂いた奉納式典に参加させていただきました。

 

奉納されたタペストーの作品は、

大人気ドラマ、「JIN-仁」の原作者、村上もとかさんと奥田裕斎先生のコラボ作品。

武甕槌大神さんのイラストを村上もとかさんが描き、そのタペストリーを染めたのが裕斎先生です。

 

 

こちらは小さいサイズ。

龍に乗っている方が武甕槌大神さんで、

その下に何匹かさりげなくいるのがナマズ!

 

地震を起こすナマズを武甕槌大神と香取神宮の経津主神が

石の棒で頭と尾で押さえつけて鎮めたとされている事からナマズを描いたそうです^^

   (*その石とされている要石が鹿島神宮と香取神宮に祀られているんです!)

 

 

 

初めて奉納式典という特別な式典に参加させていただき、とても貴重な体験になりました。
奉納された作品はとても力強く、色鮮やかで、迫力があり、実物を近くで見れた事にも感動いたしました。

 

*写真たちはフィルムカメラのCanon A-1で撮ったもの♪
(下のはiPhoneです w)

 

 (左)奥田裕斎先生 (右)村上もとかさん

(左)奥田裕斎先生 (右)村上もとかさん