フルムーンボウル

 

ギャラリーオープンまであと3日をきりました!
着々とオープンの準備も出来てきましたよ♪

 

ギャラリーOPEN案内に今回のスペシャルなイベント、『フルムーンボールの演奏会』というのが書いてあるのですが、まだしっかりとフルムーンボールの事をご説明していなかったので、ちょっとここで書いてみようと思います☆
 

 

 my Full Moon Bowl

my Full Moon Bowl

フルムーンボールとは、特別な手法で作られるシンギングボールのことを言います。

シンギングボールは、チベットの高僧が儀式などに用いる大切な法具とされており、瞑想やヒーリングにも使われています。
なんと!シンギングボールの発祥はブッダよりも前に遡る3000年前だそう!

 

最近では、シンギングボールをよく見かけるようになってきた気がしますが、数年前までは私もあまりどういった物か知りませんでした。
なので、初めてその倍音を聞いて体感した時はとても驚きました★
鳴らし方もコツがあったりして、案外難しいんです^^

 

 

 

今回の個展に向けて、新しい作品のテーマを月に決めた後にこのフルムーンボールに出会い、なんだかとても運命を感じてしまいました^^


そしてなんと、ネパールに行くきっかけとなったのもこのフルムーンボール!


このフルムーンボールは、満月の夜にしか作ることができない特別な100%ハンドメイドのシンギングボールです。

月に1度の満月の夜に満月の月明かりのみで作られ、その間、職人達は水も食事も話す事も厳禁だそうです。
繊細な満月のエネルギーを取り入れたハンドメイドのボールは一年に作れる数も限られており、とても貴重なボールなのです^^

詳しくはこちらのフルムーンボール奏者のJunko Tanakaさんのウェブサイトに書かれているので、そちらをご覧ください★
www.singingbowljunko.com (フルムーンボールについて)

 

 

日本国内で唯一のフルムーンボール奏者のJunko Tanakaさんと出会い、ネパールへ行きが決まるまではすっごく早かったんです^^
ずっと行ってみたかったのですが、こんなに早くその機会が来るとは思っていなかったので、とっても嬉しかったな♪
 

現地ではもちろんボールが作られている工房や販売されているショップへも行く事ができました。
職人さんやショップの方達にとても良くして頂き、職人ならではの話などをたくさん聞けて、とても勉強になりましたょ^^
 

ネパールでは、じゅんこさんの師匠のサンタ・ラトナ・シャキアさんのお宅にお世話になりました。

広くあたたかい心を持っていて、穏やかでもあり、厳しいところがなんだか山のような^^ そんな方でした!
もちろん家族もみんなとっても愛にあふれた素敵なファミリー♪

またネパールに行きたいというより、また家族のみんなに会いたくなります^^

 

 

5月4日のkokotama galleryでのJunko Tanakaによるフルムーンボールの演奏会では、フルムーンボールに観音様の絵が彫られた特別に貴重なボールが奏でられます。


観音様のフルムーンボールは日本では私とじゅんこさんしか持っていないそうです!!
なので、kokotama galleryでしか聞けない&体感できない★

ボールの倍音が体の細胞に浸透していく感覚は、1度聞いて体感してみないと分からないと思うので、是非体感して頂ければと思います^^

5月4日の14:00と16:00の二回演奏を行いますので、楽しみにしていてください♪