二十六夜の三尊さま

今夜は二十六夜。

 

今日kokotama galleryへお越し頂いた方が、なんと二十六夜のお月様の日に生まれた方でびっくり♪

 

なぜ他の月シリーズのkokotama作品と違って、三尊の姿が描かれているかというと、
実は、二十六夜の月光の中に、この阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩の三尊の姿が現れたと言われていたからなんです^^

 

有明の空に昇る月として、有明月とも呼ばれます。

陰暦でいう7月26日の夜、この出る月を待ち、拝む月待ちの風習が江戸時代には高輪から品川にかけてあったそうです。

 

二十六夜のお月様は、三日月の反対向きのお月様。

三日月はこれから満月に向けて満ちていく月で、二十六夜月は新月に向って欠けて行く月です。
 

 

澄んだ広い有明の空に昇る二十六夜月は、三尊がまばゆく映し出されるくらい美しく幻想的だったのでしょうね☆


旧暦でいう7月26日は、今年の9月8日です。
もしかしたら、三尊の姿が見えるかもしれないですょ^^