満月に次いで美しい月

今日は新月から十三夜目のお月様。
 

 

 

十三夜と言って有名なのが、旧暦の9月13日のお月見。
この時期は、栗や豆が旬なので、栗、小豆、枝豆などを13個のお団子やススキと共にお供えするそうです。
なので、栗名月や豆名月とも呼ばれます。

昔は、十五夜と十三夜の月を両方を鑑賞する風習があり、 一方のみだけですと、片見月とされて縁起が悪いとされてきていたそう。

 

 

 

 

この十三夜のお月様は、まんまるではなく少し欠けている、控えめなお月様。
「それが趣があって美しい」と拝む心がとても素敵だなと感動しました^^

 

 

kokotama作品 "十三夜"
*これで全部の月の満ち欠けkokotama作品をこのブログで紹介できました!
 


観音様の持つ籠には十三夜のお供え物が^^

 


今年の十三夜のお月見は10月の25日。
十五夜の月にやってくる十三夜のお月見も楽しんでみてください♪