初!東大寺 修二会

今回初めて東大寺修二会を見に行ってきました^ ^

IMG_5006.jpg


12日の午前中には奈良へ着き、

興福寺、春日大社、東大寺あたりを明るいうちに巡り、

カフェで一休みしてから、19:30から始まる籠松明を見に東大寺 二月堂へ!!



修二会の時期3月1日〜14日まで毎日お松明は上がりますが、12日はお松明の本数も多く、

大きいので、1番混雑すると聞いていました。



確かに18時頃にはもうすでに溢れるほどの人でした!

IMG_5002.jpg

今回とてもありがたいことに、舞台に近いところから見させて頂きました。ありがとうございます!!


暗闇に浮かび上がりゆっくりと登って行く籠松明!


回廊舞台の左右へと進んで行き、舞台から大きな松明がせり出して登場します。



IMG_5018.jpg
IMG_5023.jpg
IMG_5025.jpg


写真や本で見ていたイメージからか、勢いのある、少し荒々しいものなのかと想像していたのですが、

舞台からせり出したお松明がパチパチと燃える様子は、大変美しく、清らかで、心洗われるものでした。











この後夜中の午前1時過ぎからは、「お水取り」が行われます。

IMG_5048.jpg
IMG_5049.jpg




雅楽が奏でられ、法螺貝の音が響く中、御本尊様へ供えする一年分の「お香水」が

二月堂下にある若狭井という井戸から汲み上げられます。



IMG_5054.jpg


先日私も行った、「お水送り」が行われた若狭から送られた水が、10日間かけてこの井戸から湧くのだそうです。




IMG_5058.jpg


とても厳かで崇高な儀式に、緊張しながらも深い感動でうるっときてしまいます。。!


この後は、達陀が行われます。

女性は局というところにしか入れないのですが、格子越しに中の様子はある程度見れました^ ^


752年から一度も絶やさず続く修二会。

たくさんの祈りの心によってこのように今まで続けられてきたことは本当に素晴らしいです。

その行事のほんの1日だけですが、その場に参加できたことがとても嬉しいです^ ^