若狭のお水送り!!

奈良東大寺二月堂のお水取りの「お香水」は、若狭の鵜の瀬から10日間かけて奈良東大寺二月堂「若狭井」に届くといわれているそうです。


今年は東大寺のお水取りに行く予定が組めたので、それならこのお水送りをまず見届けてから行きたい!
そんな事をずっと思っていて、願いが叶いました^ ^

IMG_4648.jpg




お水送りは午前中から始まりますが、見学不可なので、午後の弓打神事から見学。

IMG_4656.jpg
IMG_4668.jpg
IMG_4680.jpg


午後6時からは神宮寺の堂内で修二会の「薬師悔過法」の読経。
そして「達陀」。

IMG_4732.jpg





神宮寺前庭 境内に設けられた大護摩壇に火が点されると、一気に轟々と炎が空に向かって燃え盛り、

それはそれは度肝を抜かれました。

IMG_4744.jpg
IMG_4746.jpg








大松明、中松明、手松明と順番にここから火をもらい、鵜の瀬までの約1.8kmを歩きます。

IMG_4758.jpg
IMG_4769.jpg








風が強く、どんどん手松明は燃えていき、持っているのが怖くなるほどでした、、、。




IMG_4778.jpg


最後は鵜の瀬で遠敷川に御香水を注ぎ込む「送水神事」。

この御香水は10日後、奈良東大寺の「お水取り」で汲み上げられます^ ^



IMG_4779.jpg



1200年ほど続くこのご神事に込められた想いがこの先も繋がっていくと思うと、なんとも言い難い感動がありますね。
暗闇に燃える炎に宿る力にも引き込まれた夜でした。